ときどきインドア

寝返りができない肢体不自由児の暑さ対策。寝汗、背中のムレを解消する便利グッズ!

梅雨からはじまる蒸し暑さ…。

日中はさすがにエアコンをつけますが、夜、エアコンをつけたまま寝ると翌朝身体がテキメンにダルいので、我が家はもっぱら扇風機派です。

ただし、扇風機の風は「弱」首振りにして、なおかつ風を壁に当てることで、跳ね返って来た間接的な風がそよ風のようなやわらかい風になって、心地よく寝ることができます。

f:id:TheWhiteFang:20200701225206j:plain

さて問題は、寝返りができない肢体不自由児のさ〜や。

  • 布団を掛けないと風邪をひく、布団を掛けると寝汗がスゴイ
  • 夜中に体位を変えても、脱水になるんじゃないかと思うくらいの寝汗をかく

てんかんの薬で熱がこもりやすいのもあるかもしれません。

f:id:TheWhiteFang:20200701225651j:plain

そんな寝汗の悩みを、ママ友が教えてくれた便利グッズが解決してくれました。

応用のお出かけ編とあわせて紹介します。

肢体不自由児の暑さ対策

  • 寝汗対策には空調マット
  • 外出時は空調ざぶとん
  • 夏のオムツ処理には防臭袋

寝汗対策に空調マット!

マットに風を通してムレを解消

 

ズバリ、肢体不自由児への寝汗対策には空調マットがオススメ!

寝汗をかくのは背中に熱がこもってしまうのが原因なので、熱を発散させるために、背中側にやさしい風を通すマットが有効です。

ママ友から教えてもらったのは、涼感寝具「SOYOハーフ」

SOYOハーフの導入により、さ〜やの背中は格段にサラサラになりました。

「ハーフ」という名前がついているので、通常サイズもあるのかと思ってしまいますが、基本ハーフサイズだけです。

ただ、子供の背中がマットの中におさまればOKなので、ハーフで十分。

ACアダプター電源で、約幅110㎝×長さ100㎝×電源部の厚さ6cm(マット部分は2㎝くらい)。

風量は弱設定で十分。むしろ、風が出ているので、タオルケットではなく、薄手の布団を掛けています。

横で寝ていると、若干モーター音が気になりますが、断然人工呼吸器の方がうるさいくらい。

我が家ではもう7年ほど愛用しており、夏の必需品となっています。

マット部分は洗うことがきるので、おもらしや寝ながらのご飯がこぼれた時も洗えば長く使えます。

弱点といえば、マットの中で風の通り道となる1cmくらいのプラスチック製の立体構造が、体重により若干つぶれることでしょうか。

最初は気になりましたが、完全にはつぶれないのと、寝汗への効果は変わらないので、だんだん気にしなくなりました。


お出かけには、空調ざぶとん

ざぶとんサイズの電池式空調ファン

 

寝ている時に限らず、夏場のお出かけなど、バギーに乗っている時も背中はムレて汗だくになります。

そんな時には、持ち運びできる、ざぶとんサイズの空調ファン「どこでも座クール」が便利です。

原理は空調マットと同じ。

バギーと背中の間に挟んで使っています。

ACアダプターでも電池でもどちらでも使えます。

電池だと単3電池4本で24時間ほど持ちます。バギーなど電源がない場所で使うので、やはり電池式、しかも充電式電池が使える方が便利です。

また、お出かけだけでなく、外泊で夜寝るときにも重宝します。

「SOYOハーフ」の方が寝心地は良いですが、持ち運びには大きすぎるので。

空調ざぶとんを導入するまでは、タオルでくるんだ保冷剤を背中とバギーの間に挟んでいましたが、汗やムレを抑えたいだけなのに、背中を冷やしてしまって失敗。

小さい扇風機で身体の前面に風を送るのも、背中の汗を抑えるのには役立たず役立たず悩んでいました。

コレにて一件落着。オススメです!

番外編、オムツのニオイ問題

夏場の気温でニオイが…

 

夏場のオムツは臭います…。

我が家では、トイレにオムツ用ごみ箱を置いています。

f:id:TheWhiteFang:20200701171249j:plain

これまでは、ごみ箱の中に地域指定のごみ袋を入れて、丸めたオムツをそのままポイ。

年中換気扇を回しているので、トイレの外にニオイはもれませんが、トイレの中に入ったり、オムツを捨てようとフタを開けると…。

そこで見つけたのが、「オムツがにおわない袋」。


コレ、超すぐれ物です!!

特殊な加工がされており、この袋にオムツを入れて縛ると、ウンチでもほとんど臭いがしません!

まったく不思議!

原理はよくわかりませんが、臭いでお困りの場合はとにかくオススメです。

これは屋外でも重宝し、外出先でオムツ交換を交換し捨てる場所が無いとき、やむを得ず炎天下の車の中にオムツを置いていても、臭いがまったく気になりませんでした。

ちなみに、大きいサイズもあります。

オシッコなら大きいサイズの袋に数個まとめて入れた方が経済的です。

ちなみに、類似品もありますが、機能的には劣るので「驚異の防臭袋BOS」を目印にしてください。

まとめ

かつて梅雨といえば、長引くシトシト雨のやや肌寒いイメージでしたが、最近は熱帯雨林気候のようです。

暑い晴れた日とムシ暑いスコールの日が交互におとずれ、そして、10月ごろまで気温が高い日が続きます。温暖化でしょうね…。

「寒さ」は重ね着で多少調整できますが、「暑さ」で服を脱ぐのにも限界があります。

危険なほどの暑さならエアコンに頼るべきですが、風をうまく使って、障害児、そして介助する我々も夏バテせず、暑さを乗り切りましょう!